モータースポーツ

2021 FIA-F4 レースレポート

2021 FIA-F4選手権 第1戦・第2戦/富士スピードウェイ

第1戦・第2戦 公式予選

2021年5月3日(月)

天候:晴れ/ドライ
気温:15℃/路温:24℃
ラウンド 車番 ドライバー 予選順位 ベストタイム 出走台数
第1戦 35 野中誠太 4位 1'45.502 31台
36 荒川 麟 1位 1'45.407
第2戦 35 野中誠太 2位 1'45.538
36 荒川 麟 4位 1'45.591
今大会は1イベント2レースの為、公式予選以降使用できるタイヤは1セットのみとなる。
野中は終始スリップを使わず、単独走行している中で12周目にベストタイムをマークし4位となる。単独走行でのタイムの為、ベストとセカンドベストのばらつきも少なく、セカンドベストでは2位を獲得する。
荒川は#37奥住、#38清水の後ろあたりを走行した事で上手くスリップを使え、トップタイムをマークする。しかし予選中7回の4輪脱輪があり、予選グリッドから7グリッド降格となる。幻のポールポジションから8位グリッドとな ってしまう。

第1戦 決勝/14Lap

2021年5月3日(月)

天候:曇り/ドライ
気温:16℃/路温:33℃
ラウンド 車番 ドライバー 決勝順位 ベストタイム 出走台数
第1戦 35 野中誠太 3位 1'45.548 31台
36 荒川 麟 6位 1'45.236
野中は、スタートは良かったものの前を抜くまでには至らず、オープニングラップを終えるとそのまま3位で周回を重ねて行く。
ホンダ勢より2ホールRr.ウイングが寝ている野中車だったが、スリップがあまり効く様子がなく仕掛ける場面がなく終わってしまった。
荒川のスタートは悪くなく、むしろ良い位だったが、順位は上げられず逆に9位に順位を落として1周目を終える。
その後8周目に#77小川、9周目に#37奥住、11周目に#80伊東を抜いて6位でのフィニッシュとなる。
レース中のファステストも他を離すタイムを見せていたのでポールからスタートしていればと悔やまれるレースとなった

第2戦 決勝/14Lap

2021年5月4日(火)

天候:晴れ/ドライ
気温:16℃/路温:23℃
ラウンド 車番 ドライバー 決勝順位 ベストタイム 出走台数
第2戦 35 野中誠太 1位 1'45.542 31台
36 荒川 麟 2位 1'45.265
野中は、2番手から好スタートを切って1コーナーにポールの車両と並んで進入。アウト側のポール車両が後続から追突されコースアウトし、野中が首位に立つ。
2周目には2位の#36荒川に対して1.5秒のマージンを作る。
その後#36荒川が直後に迫るもミスする事なくトップを守り、FIA-F4参戦3年目での初優勝を挙げた。
4番手からスタートした荒川は、ポール車両と3番手スタート車両の追突による後退で3位に上がる。
2周目の1コーナーで#7太田をかわして2位に上がると、そこからトップの#35野中と1.5秒あった差を7周目には1秒以内に持って行く。
最後まで僅差でのトップ争いを続けたが、#35野中を抜くまでには至らず2位でのフィニッシュとなった。
  • #35 野中誠太

    長いオフシーズンを終えて、ついに開幕しました。今年は3年目という事で、絶対にチャンピオンを獲らないといけないプレッシャーがありましたが、合同テストなどではとても調子が良かったので、自信を持ってレースウィークに挑みました。しかし、大雨などが降った影響で練習では少し悩んでしまう部分もありましたが、自分のドライビングを信じて予選では合せ込む事ができました。第1戦では少しのミスが命取りになるメンタル勝負のレースになりましたが、そこでは冷静に走る事ができました。ただ、ペース的に前の選手を抜ける程ではなかったので悔しいレースとなりました。第2戦では得意のスタートでトップに立つ事ができ、そこからとにかく自分の走りに集中していきました。少しペースが悪く苦しい展開でしたが、今までこの様な展開は何回も経験していたので、力強い走りをする事ができました。3年目にしてやっと初優勝する事ができ、とても嬉しいです。ただ、目標はチャンピオンなので、今回の結果に満足せずに今後も気を引き締めて取り組んで行きたいと思います。これからも応援の程、宜しくお願い致します。
  • #36 荒川 麟

    今年からチームを移籍してきて、車に慣れる事が出来ず、オフシーズンでは苦労していましたが、今回のレースウィークは公式テストから今までより良い感覚を掴む事が出来、自信を持って挑めました。予選はスリップストリームを使おうと考えていました。序盤で良い場所に合わせられ、満足のいくアタックも出来、暫定1位のタイムを出しましたが、複数回の走路外走行によって7グリッド降格の8位、セカンドタイムは4位になりました。第1レースは、 1周目で9位に落としてしまいましたが、ペースも良く6位まで追い上げる事が出来ました。第2レースは、スタートも悪くなく前の接触もあり3周目には2位まで上がる事が出来ました。1位の選手は離れてしまっていましたが、レースペースには自信があり真後ろまで迫る事は出来ましたが、抜くまでには至らなかったです。今回は速さもあっただけに、予選の自分のミスが悔やまれますが、次戦鈴鹿は昨年調子が良かったサーキットなので、自信を持って挑みたいと思います。応援ありがとうございました。これからも応援の程、宜しくお願い致します!

ポイントランキング[第2戦終了時点]

車番 ドライバー 順位 ポイント
35 野中誠太 1位 40
36 荒川 麟 2位 26

SERVICE

86優遇買い取り

サービス カスタマイズ車両も優遇査定いたします。

ONLINE SHOP

ネットでらくらくショッピング

トムススピリットオンラインショップ

USER'S VOICE

当店のお客様とお車をご紹介

当店のお客様とお車をご紹介レクサスIS250 オーナーのM 様

EVENT REPORT

当店主催のイベントをレポート

2012 High Performance Experience in FSW

PARTS SEARCH

トムスHPでパーツ検索

トムス・パーツ検索車種別検索トムス・パーツ検索商品別検索



Copyright ©  2008-2021 TOM'S SPIRIT Co., Ltd. All Rights Reserved.