カスタマイズレポート・トヨタ プリウス[ZVW30]L タワーバー&ボンネットダンパー編

LEXUS LS460
LEXUS GS430
LEXUS IS250
LEXUS IS-F
PRIUS[ZVW30]
PRIUS[NHW20]
CROWN ATHLETE
ESTIMA AERAS
prus zvw30

トヨタ プリウス L

Vol.05 タワーバー&ボンネットダンパー 編(2010.06.07) TOM'S アッパーパフォーマンスロッド フロント
TOM'S ボンネットダンパー

  • 画像1 今回はエンジンルーム内のカスタム2本立て。タワーバーと手軽なボンネットダンパーの装着です。 ▲クリックして拡大
  • 画像2 アッパーパフォーマンスロッドは、高剛性なオーバル形状のスチールパイプを採用。
    ▲クリックして拡大
  • 画像3 取り付けには、カウルトップルーバー、ワイパーアーム、ワイパーモーターなどをごっそり取り外します。 ▲クリックして拡大
  • 画像4 アッパーパフォーマンスロッドはサスペンション上部のアッパーマウントと共締め。規定トルクでしっかり締めつけます。
    ▲クリックして拡大
  • 画像5 同梱されているトムスエンブレムをオーバルパイプに貼り付けて完成。エンジンルームのドレスアップにもなります。
    ▲クリックして拡大
 こんにちは、トムススピリットの八重樫です! 今回はエンジンルーム内のカスタムを2本立てでお送りしたいと思います。メニューはフロントのストラットタワーバーとボンネットダンパーです。
 ZVW30プリウスって、性能から考えたら車両価格が非常に安いですよね。これはコスト削減の徹底があってこそ実現できたことだと思いますが、ボディ剛性や高級感にそのしわ寄せを感じでいるオーナーさんもいるのではないでしょうか。今回のメニューは、それを補えるアイテムなんです!

 それではまずタワーバーから。これは左右のサスペンション上部を1本のバーでつなぐことで、ボディのねじれを抑制するパーツです。とくにフロントはハンドル操作に影響するため装着したときの効果が大きく、最近のスポーティカーでは純正採用されることが多くなりました。残念ながら、ZVW30プリウスには装備されていないので、「ボディ剛性を上げたい」「スポーティな走りを楽しみたい」というオーナーさんにはピッタリのパーツです。
 今回装着するのはトムスの「アッパーパフォーマンスロッド フロント」。取り付け作業は他の車種と比べると少し大変です。というのも、プリウスのフロントサスペンション上部はカウルトップというカバーに隠れているので、装着するにはまずそれを外す必要があります。しかも、そのカバーを外すにはワイパーアームやワイパーモーター・リンクも外さなければなりません。そのため、一般的な車種よりも取り付け時間は長くなります。

 さて、装着後に早速走行してみると、ハンドルを切り始めたときの応答性がシャープになったように感じます。それに、ステアリングフィールが全体的にしっかりしたことが体感できました。ワインデイングや高速道路のレーンチェンジなどでは、はっきりとした違いが体感できると思いますよ。ボディ補強のファーストステップとしていかがでしょうか。

 
  • 画像6 ZVW30プリウス用のボンネットダンパーは、助手席側の1本支持となります。
    ▲クリックして拡大
  • 画像7 ボンネット側にはステーを使い、ボディ側はボールジョイント付きカラーでダンパーを固定します。 ▲クリックして拡大
  • 画像8 レッドアルマイトのダンパーで高級かつスポーティに。ボンネットの開閉がスムーズになり利便性も高いです。 ▲クリックして拡大
 続いてはトムス「ボンネットダンパー」の装着です。ZVW30プリウスは、ボンネットを開けたときにステー(棒)を使ってボンネットを支えます。いっぽう、ほとんどの高級車にはボンネットにダンパーが装備されています。ボンネットダンパーだとステーを使う必要がないので、スムーズかつスマートに開閉できるんですよね。あれって、高級車としての一種のステータス。ちょっと憧れたりしませんか?

 トムス ボンネットダンパーは、左右2本装着する車種もありますが、ZVW30プリウスのボンネットは軽量なアルミ製。そのため、装着するのは助手席側1本となります。
 取り付けはいたって簡単ですが、ダンパーを組み付ける前に2〜3回ストロークさせてロッドに油をなじませることがポイント。スムーズに作動させるための慣らしですね。
 ダンパーの固定にはボンネット側もボディ側もすでに開けられたネジ穴やサービスホールを使うので、加工の必要はありませんのでご安心ください。

 ボンネットダンパーを装着していちばん嬉しいのは、やはりプレミアム感を得られることだと思います。トムス ボンネットダンパーはケースがレッドアルマイトなので、スポーティな雰囲気になるのも魅力。違いをみんなに見せたくなって、意味もないのにボンネットを開けたくなる・・・・かもしれません。また、ステーをかける必要がないので、エンジンルームを開けたときの作業性がよくなるのもポイントですね。
TOM'S アッパーパフォーマンスロッド フロント 当店価格:¥32,400(税込み) >>見積依頼 >>オンラインショップ 標準作業時間:60分 ※取り付け工賃込みの金額です。
TOM'S ボンネットダンパー 当店価格:¥25,920(税込み) >>見積依頼 >>オンラインショップ 標準作業時間:30分 ※取り付け工賃込みの金額です。





DRIVING LESSON

チャンプ☆FUJITAの
ドライビングレッスン

ドライブレッスン 運転の基礎をしっかり学べる
トレーニングプログラム。

SERVICE

86優遇買い取り

サービス カスタマイズ車両も優遇査定いたします。

ONLINE SHOP

ネットでらくらくショッピング

トムススピリットオンラインショップ

USER'S VOICE

当店のお客様とお車をご紹介

当店のお客様とお車をご紹介レクサスIS250 オーナーのM 様

EVENT REPORT

当店主催のイベントをレポート

2012 High Performance Experience in FSW

PARTS SEARCH

トムスHPでパーツ検索

トムス・パーツ検索車種別検索トムス・パーツ検索商品別検索
Copyright ©  2008-2017 TOM'S SPIRIT Co., Ltd. All Rights Reserved.