カスタマイズレポート・トヨタ プリウス[ZVW30]L ブレーキ&ホイール編

LEXUS LS460
LEXUS GS430
LEXUS IS250
LEXUS IS-F
PRIUS[ZVW30]
PRIUS[NHW20]
CROWN ATHLETE
ESTIMA AERAS
prus zvw30

トヨタ プリウス L

Vol.04 ブレーキ&ホイール 編(2010.05.29) TOM'S ブレーキパッド・スポーツ
TOM'S 鍛造アルミホイール・EP-2

  • 画像1 純正よりワンランク上の性能を備えたトムスの「ブレーキパッド・スポーツ」。ダストが少ないのも魅力です。 ▲クリックして拡大
  • 画像2 材質はアスベストフリーで、ローター温度域は常温から600℃までカバー。
    ▲クリックして拡大
  • 画像3 鳴き止めのシムは純正から流用。さらに耐熱グリスを塗ることでスポーツパッドにありがちな鳴きを防止します。
    ▲クリックして拡大
  • 画像4 装着するホイールはトムスの「EP-2」。ツーリングセレクションの純正17インチより、45%も軽いんです。 ▲クリックして拡大
  • 画像5 こちらは「L」グレードの純正15インチホイール。ホイールキャップを装着していますが、鉄ではなくアルミなんです。
    ▲クリックして拡大
  • 画像6 上が純正、下が「EP-2」の装着写真。アドヴォクスでほどよくローダウンした車高に17インチはピッタリです。 ▲クリックして拡大
  • 画像7 2インチのアップでクルマの印象は大きく変わります。細身のスポークデザインが、プリウスのスポーティ感を高めます。
    ▲クリックして拡大
 こんにちは、トムススピリットの八重樫です! サスペンションと吸排気チューンに続いてのカスタマイズは、ブレーキとタイヤ&ホイール。今回のメニューもこれまで同様、走行性能アップには欠かせない要素のひとつです。

 それでは、まずブレーキから。ハイブリッドカーであるプリウスには、一般的なクルマと同じ油圧ブレーキ(バイワイヤー)に加え、減速時のエネルギーを回生する回生ブレーキが備わっています。回生ブレーキはモーターの抵抗力でブレーキをかけるもので、このシステムがあることから、プリウスはブレーキの効きが比較的いいといわれています。しかし、ハードブレーキング時には一般的なクルマと同様、油圧ブレーキの制動力が問われます。プリウスといえどスポーツ走行時にはブレーキの強化は欠かせません。それに、いざというときの安心感も違いますしね。
 先代のNHW20プリウスではリヤがドラム式ブレーキでしたが、ZVW30プリウスは前後ともにディスク式となります。というわけで、今回装着するのはトムスの「ブレーキパッド・スポーツ」。初期制動を重視したストリート用で、純正プラスαの性能を持っています。トムススピリットで交換する際は、キャリパーとの当たり面に耐熱性の高いグリスを塗布するのがこだわりですね。これにより、ブレーキの鳴きを防止できるんですよ。

 装着後に走行した感想ですが、いい意味でノーマルとの違いを感じませんでした。バイワイヤーのためかペダルタッチに変化がないので、違和感のないブレーキ操作が可能です。耐フェード性の高いブレーキパッドをノーマルと同じように使えるのは高ポイントだと思いますよ。それにスポーツパッドというとダスト量が増えそうなイメージですが、現在乗っている感じではその心配もないようです。ホイールを汚さないというのも、ユーザーにとって魅力のひとつですよね。

 続いてはタイヤ&ホイールです。プリウスはエコカーとして徹底しており、タイヤは燃費がいいもの、ホイールも軽くして燃費の向上が図られています。エントリーモデルの「L」グレードは標準で15インチとなりますが、それにもアルミホイールを奢るほどのこだわりようです。交換することで燃費が悪くなる・・・・というのだけは避けたいですよね。

 そこでオススメなのがトムスの「EP-2」です。これはF1ホイールの製造に用いられる鍛造製法により作られたもので、プリウスの「ツーリングセレクション」に標準装備される17インチホイールに対し、なんと45%もの軽量化を実現! 「EP-2」はZVW30プリウス専用モデルということで、この軽さはトムスとしてのこだわりなんだと思います。
 ホイールサイズは17×7.0Jでオフセット+45mm。装着するタイヤは、ヨコハマタイヤの「DNA Earth-1(215/45R17)」を組み合わせてみました。もちろん、省燃費性能を追求したエコタイヤです。ツーリングセレクションであれば転がり抵抗の少ない標準17インチタイヤの使用も可能ですよ。

 このタイヤ&ホイールによるインプレッションですが、それまで装着していた純正15インチに比べると、ほんの少しロードノイズが増したような気がします。でも、それはタイヤの幅が185から215にサイズアップしたことと、タイヤの偏平が薄くなったから。ツーリングセレクションの17インチも、15インチと乗り比べるとロードノイズが気になりますからね。それ以上に、ハンドリングの応答性や踏ん張り感によるスポーティな走行性能の向上を体感できるのは、魅力となるはずです。これで燃費もよくなるんですから、一石二鳥のメニューとなるのではないでしょうか。
TOM'S ブレーキパッド・スポーツ(フロント) 当店価格:¥19,440(税込み) >>見積依頼 >>オンラインショップ 標準作業時間:30分 ※取り付け工賃込みの金額です。
TOM'S ブレーキパッド・スポーツ(リヤ) 当店価格:¥19,440(税込み) >>見積依頼 >>オンラインショップ 標準作業時間:30分 ※取り付け工賃込みの金額です。
TOM'S 鍛造アルミホイール・EP-2 当店価格:¥194,400(税込み) >>見積依頼 >>オンラインショップ ※上記価格はホイールのみの金額になります。タイヤ・タイヤ組み換え工賃、専用ナット、専用ロングナットアダプターは含まれません。 ※タイヤは多数の銘柄を取り扱いしております。ご希望の際はご相談ください。
トムススピリットお勧めタイヤ銘柄
ヨコハマタイヤ DNA Earth-1(ディーエヌエー アースワン)
>>ヨコハマタイヤ ホームページ





DRIVING LESSON

チャンプ☆FUJITAの
ドライビングレッスン

ドライブレッスン 運転の基礎をしっかり学べる
トレーニングプログラム。

SERVICE

86優遇買い取り

サービス カスタマイズ車両も優遇査定いたします。

ONLINE SHOP

ネットでらくらくショッピング

トムススピリットオンラインショップ

USER'S VOICE

当店のお客様とお車をご紹介

当店のお客様とお車をご紹介レクサスIS250 オーナーのM 様

EVENT REPORT

当店主催のイベントをレポート

2012 High Performance Experience in FSW

PARTS SEARCH

トムスHPでパーツ検索

トムス・パーツ検索車種別検索トムス・パーツ検索商品別検索
Copyright ©  2008-2017 TOM'S SPIRIT Co., Ltd. All Rights Reserved.